サンドラッグからのおすすめ情報

  • LINEで送る

その他お薬を知ろう ~薬局・処方せんの基礎知識~

「かかりつけ薬剤師」「かかりつけ薬局」を作りませんか?

サンドラッググループの調剤薬局では、日本全国どの医療機関の処方せんも受け付けています。

お薬のことで不安がある。飲み合わせは大丈夫?この薬はいつまで飲み続けるの?

サンドラッググループではそんな患者様の不安を少しでも和らげ、より安心して治療に専念できる薬局でありたいと考えています。

患者様の陽だまりとなれるよう全身全霊をもってお応え致します。

処方せんはサンドラッググループの調剤薬局へ!

処方せんの期限 ~意外と知らない4日間ルール~

 

処方せんには有効期限(使用期間)があります。処方せんに特に記載のある場合を除き、

 

 

 

医療機関が処方せんを発行した日(交付日)を含めて4日以内です。

 

 

 

お早めに調剤薬局にお持ちください。

 

 

 

 

 

有効期限の切れた処方せんは無効となり、再度、医療機関への受診が必要となります。

 

 

 

お薬手帳とは??

・他の病院で薬飲んでるよ。黄色くて血圧に使う薬、名前なんだっけ?

 

 

・引き出しからこのピンク色の目薬が出てきたけど、これはいつ何の為にもらった薬だっけ?

 
 

・腰の痛みでもらったシップは、かぶれてしまうんだよね。今日は、膝の痛みでシップもらったけど。もしかして同じシップ?

 
 

・青い錠剤と白い錠剤を寝る前に飲んでるんだけど名前が分からない。この風邪薬と飲み合わせは大丈夫?

 
 

・家族が急に倒れてしまって。病院で何の薬を飲んでいるか、薬にアレルギー等ないか聞かれたが答えられなかった。

 
 

このような経験はありませんか?はこれ、お薬手帳を活用すれば解決できます。

 
 
 

 

お薬手帳とは・・・

 
 
今まで患者様が飲まれてきたお薬の情報や、患者様の副作用歴・アレルギー歴が記入できる手帳です。
 
 

 このお薬手帳ですが、活用すると多くのメリットがあります。

 
 
 

お薬手帳を持つメリットあいうえお

 

 

あ:あれ何だっけ?がなくなります!

 
 
   ・薬の名前や飲み方が正確に分かります。お薬は似た名前のものや、飲み方によって効果が異なるものがあります。

 

 

い:いつどこで何のためにもらった薬か分かります!

 
 

   ・お薬は、そのお薬と一緒に処方されている薬や診療科、使用する時期などによって目的が異なることがあります。

 
 

   ・飲んでいる期間や受診の間隔から、お薬をしっかりと飲でいる証明となります。

 
 

う:うっかり伝え忘れる事がなくなります!

 
   ・副作用歴やアレルギー歴などの記入が出来るので、医師や薬剤師にお薬手帳を見せていればより安全に治療が出来ます。

 

 

え:影響を受けやすい薬の組み合わせ(飲み合わせ)が分かります!

 
 

   ・万が一飲み合わせが良くないお薬が処方されても、薬局で薬剤師の視点から処方医へ確認が出来ます

 
 

お:思いがけない時(緊急時)に役に立ちます!

 
 

   ・旅行中に体調を崩した場合に、今飲んでいるお薬の名前や飲み方を医師へ伝える事が出来ます。

 
 

   ・お薬手帳を携帯していれば、お薬手帳を通じて周囲の方に情報を伝える事が出来ます。

 
 

   ・災害等で避難する場合にも、お薬手帳が薬を飲んでいたという証明として活用されました。

 
 

    それによりより早くお薬をお渡しすることが出来ました。(東日本大震災での実例)

 
 

 

 

ぜひお薬手帳を有効活用しましょう!

 

かかりつけ薬剤師・かかりつけ薬局のススメ ~何かあったらとりあえずあの薬剤師に聞いてみよう!~

 

 

「○○病院だろうが○○クリニックだろうが、はたまた○○歯科だろうが、どこの病院・診療科方せんをもらったとしてもあの薬剤師に聞けば大丈夫。自分の事は何でも知っているからね。かかりつけの薬剤師だよ。

 

 

そういった薬局あるいは薬剤師を「かかりつけ薬剤師」あるいは「かかりつけ薬局」と言います。

 

 

このような「かかりつけ薬剤師」「かかりつけ薬局」を作りませんか?

 

 

かかりつけ薬剤師・かかりつけ薬局のメリット

 

 

1.患者様が服用している全てのお薬を把握し、

 

 

      お薬の飲み合わせや重複を確認出来ます。

 

 

2.患者様の体質や病歴、アレルギー歴、副作用歴、また今までの

 

 

    治療経過などの情報を考慮した、より適切なアドバイスが受けられます。

 

 

3.自分の事を何でも知ってる薬剤師であれば、

 

 

       治療をしていくうえで何か不安なことがあっても気軽に相談出来ます。

 

 

患者様は、自由に薬局を選ぶことが出来ます。病院から一番近い薬局に行くという決まりはありません。

 

 

「お薬のことで不安がある。飲み合わせは大丈夫?この薬はいつまで飲み続けるの?」

 

 

サンドラッググループの調剤薬局では、患者様の不安を少しでも和らげ、より安心して治療に専念できる薬局でありたいと考えています。

 

 

サンドラッググループの調剤薬局では日本全国どの医療機関の処方せんも受け付けております。

 

 

また、お使いのスマートフォンで処方せんの写真を送り、その写真を基に事前に薬局でお薬のご用意が可能となる「EPARK(イーパーク)処方便」というシステムも導入しております。

 

 

サンドラッググループの調剤薬局を是非「かかりつけ薬剤師」「かかりつけ薬局」にご指名ください

 

    

 

 

この記事に関連した、売れ筋商品はコレ!

↑ページトップ