サンドラッグからのおすすめ情報

美容情報美白・保湿美容液で目指せ美肌!!

● お肌が乾燥してきた・・・
● 肌色が暗くなった気がする・・・
● ハリが感じられない・・・
● いつもと同じお手入れなのに、お肌のコンディションが悪い・・・

※思い当たる点がある方は、今のお手入れにプラスで美容液を使用してみませんか?

  まずは知っておこう! 紫外線とシミ


紫外線について


Q1. 紫外線量の多い季節は?

■ 1日の紫外線量が最も多くなるのは 6~7月

■ 年間で最も強い紫外線が観測されるのは 7~8月

 ※但し、4~5月  9月 の紫外線量も多めなので要注意。


Q2.紫外線量の多い時間帯は?

 ■ 1日の中で紫外線量が多い時間帯は、10時~14時

 ■ 最も多くなるのは 正午頃


Q3.晴れの日以外は紫外線は降りそそいでいないの?

 

 ◎快晴の紫外線量を 100% とした場合

 ■ 晴・・・・100%     紫外線量がかなり強い状態。直射日光と地面からの照り返しにも注意。

   ■ ・・・・・50~80%    紫外線量が強い状態。 曇りでも日にやけてしまいます。

 ■ 雨・・・・・30%       紫外線量は弱い状態ですが、油断しないようにしましょう。





シミについて ・・・


「 なぜシミはできるのか?? 」


シミをつくる原因の一つが、日光(紫外線)です。

日光を浴びると、紫外線を真皮に届かせないようにするために、表皮の一番下の基底部にある色素細胞が、

メラニンをたくさん作り出します。新陳代謝のリズムが順調で正常な肌では、メラニンは表皮細胞とともに

皮膚の表面に押し上げられます。ところが、日焼けした肌は新陳代謝のリズムが乱れて、メラニン

がいつまでも肌に残り、皮膚内部に沈着します。  これがシミのもとになります。

シミのできる原因はさまざまですが、80%は紫外線 によるものです。




内側からのケア

 

 

■ 早期回復にはビタミンA・ビタミンC・ビタミンEを摂取することも重要になります。


 

  ビタミン A (βーカロテン)・・・・・・肌の酸化を防ぐ    

  《 かぼちゃ、にんじん、トマトなどの緑黄色野菜 》

  ビタミン C ・・・・・・・・・・・・・・メラニンの生成を防ぐ 

  《 グレープフルーツ、オレンジなどの柑橘系やいちごなど 》

  ビタミン E ・・・・・・・・・・・・・・肌の新陳代謝を高める

  《 アボカド、大豆、ごま、アーモンドなどの植物油系 》


    ※化粧品などの外側からの 体外ケア だけでなく、内側からの 体内ケア でダメージを回復させましょう。


        紫外線を浴びたことで・・・


  

     ■  コラーゲン減少 = お肌のハリやツヤが失われる

     ■  ターンオーバーの乱れ = 肌がごわつく

     ■  細胞が酸化 = 毛穴が黒ずむ

     ■  メラニンの過剰生成 = シミ・くすみが出来やすくなる



■ 浴び続けた紫外線ダメージは思ってる以上にお肌に影響を与えます。

     また、紫外線は日焼け、シミだけではなく、乾燥の原因にもなります。

     さらに、エアコンでも乾燥するので、注意が必要です。

     普段の スキンケア + スペシャルケア でお肌を養っていきましょう。

 「 どうしよう・・・このシミどうにかしたい!! 」  

                                                 ▼ ▼ ▼ 

                            美白美容液   がおすすめ!!


 「 この時期は、紫外線やエアコンでお肌が乾燥する・・・

  



なんだかハリも感じられない・・・ 」                                    

                                               ▼ ▼  ▼

                            保湿美容液   がおすすめ!!










■サンドラッグ店舗でのご購入:サンドラッグ店舗検索はコチラ →   e-map.ne.jp 


 





 



この記事に関連する記事

この記事に関連した商品はこれ!!

  • LINEで送る

↑ページトップ