Keep A Distance サンドラッググループ

ソーシャルディスタンス
「今、私たちにできること ⇒ 距離を保ちましょう」

サンドラッグからのおすすめ情報

美容情報オンラインの画面映えメイクテクニック

オンでもオフでもオンラインの集まりや会合に慣れてきた今日この頃。
画面に映っている自分の顔色が悪く見える・・・など、画面映りが気になる方に
今回はオンラインの画面映えを意識したメイクテクニックをお伝えします。

 

【ポイント1:立体感】


画面上では顔が平面的に映るので、普段のメイクより立体感を意識することが大切です。


①ハイライトをいれる


普段はハイライトは使っていないという方も、額・鼻筋・頬の三角ゾーン・顎先にハイライトをいれることをおすすめします。

額のハイライトは額中央の高い部分に。

鼻筋のハイライトはスッと細く入れると鼻が高く見え、より立体的に仕上がります。



②コンシーラーを使う


①でハイライトをご紹介しているので「シェーディング」もいれれば、もっと立体感が出ると思いがちですが、

オンラインでは暗い部分が強調され『影』に見えてしまうので、基本的にはNGです。

そのため、クマやシミなどの暗い部分はコンシーラーを使ってカバーすることをおすすめします。



【ポイント2:血色感】


画面上では顔色が悪く見えがちです。そのため血色感のあるメイクを意識することが大切です。


①下地で血色感を出す


ピンク系の下地を使うと肌が黄色く見えるのを抑え、血色感のある肌に見えます。

ピンク系の下地が苦手な方はトーンアップする下地を選んでみてください。


②チークは濃いめに


通常使っているチークがベージュ系・ブラウン系の場合は影に見えてしまうことがあるので、

レッド系・コーラル系・ピンク系・ローズ系・オレンジ系の中から自分に似合う色を選び、

いつもより濃いめを意識して塗りましょう。


③口紅はいつもより目立つように


いつもは肌に近いベージュ系の口紅を塗っている方も多いと思います。

ベージュ系の口紅は肌と同化して見えることが多く、顔色が悪く見えがちです。

そこでレッド系・ピンク系・ローズ系・オレンジ系など明るい色の口紅を濃いめに塗ることで

華やかな映りになります。

【ポイントメイクのコツ】


①アイメイクに立体感は「不要」


先に「立体感が重要」とお伝えしましたが、それは顔全体の話。

アイシャドウをグラデーションになるように塗っている方は多いと思いますが、

オンラインでは陰影がつきすぎて、目元が暗く見えがちです。


そこでアイシャドウは明るいパール系を使い、単色塗りをするとハイライト効果もありおすすめです。

マスカラは控えめでもいいのですが、アイライナーは目元を引き締めるので入れると目元がよりはっきりします。



②アイブロウのコツ


自分の顔をはっきりさせたいときには「アイブロウを濃く描く」という方もいらっしゃるかもしれません。

その場合、アイブロウ全体を濃く描くのではなく「眉尻」をいつもの2~3倍濃く描いてみてください。

アイブロウ全体を濃く描くと眉毛だけ強調されたように見えることもありますが、

眉尻だけなら浮くことはなく、顔全体がしまってはっきり見えるようになります。

 

 

この記事に関連する記事

「掲載商品をすぐに買いたい」「お店に行くのが面倒だな」という方には便利な

サンドラッグオンラインショップ

サンドラッグe-shop本店では、第1類医薬品・第2類医薬品・指定第2類医薬品・第3類医薬品の商品取り扱いもしております。『ロキソニンS』『リアップ』など、そのほか店頭では買いづらい商品もネットなら手軽に購入いただけます。

  • ※本サイトで紹介中の商品でもサンドラッグe-shop本店での取扱いがない場合もございます。

今すぐチェック!

この記事に関連したおすすめ商品はこちら  ※画像クリック(タップ)で商品詳細へ

ハイライト・コンシーラー

化粧下地

アイシャドウ

  • LINEで送る

↑ページトップ