Keep A Distance サンドラッググループ

ソーシャルディスタンス
「今、私たちにできること ⇒ 距離を保ちましょう」

サンドラッグからのおすすめ情報

美容情報クセ毛・うねり髪のケア

雨のシーズンに突入し、髪の毛がまとまらない方も多いですよね。
特にもともとクセ毛の方、普段から髪のうねりが気になる方は
この時期は特に髪がまとまらず困っているという声を耳にします。
今回はクセ毛・うねり髪になるその理由とケア方法をお伝えします。

 

【クセ毛・うねり髪の違い】


ともにウェーブしていたり、S字型をしていたりといった髪の毛を想像されるのではないかと思います。

クセ毛・うねり髪は呼び方は異なりますが、実は同じものをさします。

ただし現在では、もともとストレートだった髪の毛が後天的にウェーブした際に「うねり」

生まれながらにしてウェーブの髪の毛だった場合「クセ毛」と表現することが多いです。




【なぜクセ毛・うねり髪になるのか、その理由】


●生まれながらのクセ毛の原因


主に遺伝

もともとの頭皮の毛穴の形が丸ではなく、楕円形であることが多いです。

楕円形の毛穴からはウェーブ状の髪の毛が生えてきます。



●後天的なうねりの原因


①加齢

加齢により頭皮のハリ・弾力が衰えると、毛根を包んでいる毛包が歪み

毛穴が楕円形になることがあります。

この楕円形の毛穴から髪が生えてくるとうねりやすくなります。


②ストレス

ストレスは血液循環を悪くさせ、頭皮が血行不良になります。

血行不良になると頭皮の栄養不足が続くことが多く、頭皮がゆがむことがあります。

頭皮がゆがむと①の状態と同様になり、生えてくる髪がうねりやすくなります。


③栄養バランスの乱れ

油分の多い食事を続けると、頭皮の油分が増えます。

油分が増えたことで毛穴にも油分がつまることがあります。

この詰まった毛穴から生えてくる髪はまっすぐ生えずうねりやすくなります。


④ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが崩れると上記②のように血行不良になったり、

③のように油分の分泌が増えたりすることがあります。

その結果として生えてくる髪がうねることがあります。


⑤髪の傷み

髪が傷んでいるところに水分が入り込むと、髪が膨張します。

膨張している部分と膨張していない部分で差が出ると、うねりが発生します。




遺伝が原因の生まれながらのクセ毛は直すことは難しいですが、

上記①は頭皮マッサージをする、②~⑤はそれらを改善することで

うねり髪が改善することもあります。



また毛穴の形だけでなく、髪を構成しているタンパク繊維が均一に並んでいるとストレートな髪に、

不規則に並んでいるとクセ毛・うねり髪になります。

このタンパク繊維には2種類あって、やわらかく水分を吸収しやすいオルトコルテックス、

かたく水分を吸収しにくいパラコルテックスとがあります。

クセ毛・うねり髪は前述したようにこららのタンパク質が不規則に並んでおり、

タンパク質の水分含有量の違いで「雨が降ると・・・湿度が高いと、髪がまとまらない!」に

つながってしまうのです。


 

【クセ毛・うねり髪のケア】


①髪の水分コントロール


水分を含むと膨張し、クセやうねりが出やすくなるため髪内部の水分コントロールが有効です。

そこでクセ毛・うねり髪用のシャンプー・コンディショナー・トリートメントでケアすることがおすすめです。

ストレートヘアにすることは難しいですが、水分をコントロールし扱いやすい髪の毛に導きます。

また髪の傷んだ部分から水分が入りこむため、水分コントロールだけではなく、

ダメージケアすることも大切です。


②洗髪後は髪を傷めないように乾かす


髪にダメージがあると、クセやうねりが増加します。

洗髪後はしっかりタオルドライして(ゴシゴシ拭くと摩擦で髪の毛が傷むので髪の毛をタオルではさみポンポンと

押さえるようにタオルドライ)ドライヤーをかけます。

ドライヤーをかける前に洗い流さないトリートメントをつけることをおすすめします。

そして手ぐしではなく、くしやブラシを使ってドライヤーをかけながらブローすると

髪の広がりを防ぎ、まとまりやすくなります。

完全に乾かすのではなく、8割乾いたらドライヤーは終了です。


③ヘアアイロンを使う


ストレートヘアにするためにヘアアイロン(ストレートアイロン)を使う方もいらっしゃると思います。

ヘアアイロンは温度が高いので、適正温度(170度)を必ず守ってください。

洗い流さないトリートメントやヘアアイロン用のトリートメントを併用し

髪のダメージを極力減らすことをおすすめします。


日本人の7割はクセ毛といわれており、クセ毛に悩む方は実はとても多いのです。

「クセ毛用アイテム?使ってもあまり変わらないんでしょ?」と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、

是非1度使ってみてください。想像以上に扱いやすい髪の毛になると思いますよ。

雨の季節だけでも、クセ毛・うねり髪用アイテムを取り入れるのもいいかもしれませんね。

 

この記事に関連したアイテムはこちら!  ※画像クリック(タップ)でアイテム詳細へ

  • LINEで送る

↑ページトップ