サンドラッグからのおすすめ情報

美容情報お手持ちのアイテムでスペシャルケア

おうちにあるアイテムを使ってお顔のスペシャルケアできないかな?
スキンケア用品、今より少し手をかけることでスペシャルケアできないかな?等と
考えたことはありませんか?
今回はお手持ちのアイテムで「スペシャルケア」する方法をお伝えします。

 

【コットンパック】


お手持ちの化粧用コットンを使ってパックができます。

コットンは裂くことができるもの、大きめのものがおすすめです。

コットンパックをすることで、肌にうるおいを与え乾燥を防ぐだけでなく、

しっかり保湿ができることで、キメが整うことも!


〈化粧水でコットンパック〉

洗顔後の清潔な肌に化粧水コットンパックでスペシャルケア!

化粧水コットンパックの前にはお顔全体に化粧水を塗布してくださいね。


①コットンに水を含ませたあと、軽くしぼる。

②化粧水をコットンがヒタヒタになるまで、たっぷりと含ませる。

③コットンを2~5枚に裂いて、乾燥の気になる部分に貼り付ける。

④約5分経ったらコットンをはがす。

⑤美容液、乳液、クリームなど化粧水後の通常ケアを行う。


より保湿したい時は①を実施せず、②から実施してみてください。

化粧水のみでコットンをヒタヒタにすると、さらにうるおいを実感しやすいですよ。



〈乳液でコットンパック〉

化粧水コットンパックよりももっと保湿したい方はこちら、乳液コットンパックのスペシャルケア!

乳液までスキンケアした後に行うのがおすすめです。


①コットンを2~5枚に裂く。

②毛羽立ちのない面・少ない面に乳液を出し、指でコットンの全面に塗り伸ばす。

③乾燥の気になる部分に貼り付ける。

④約5分経ったらコットンをはがす。

⑤乳液後に塗布するスキンケアをお使いの場合、それを塗布する。



【蒸しタオル】


お手持ちのフェイスタオルと電子レンジを使って、蒸しタオルが作れます。


顔に蒸しタオルをあてることで、

(1)温めることにより毛穴が開くので、洗顔前に行うことで毛穴の汚れが落ちやすくなる。

洗顔後に行う場合は、スキンケアアイテムの浸透力がアップする。

(2)血行が促進され、肌がトーンアップする。

(3)肌が柔軟になる。

こんなに嬉しい効果がありますよ。


〈蒸しタオルの作り方〉


①フェイスタオルをたっぷりの水でひたす。

②タオルから水が滴らない程度にしぼる。

③電子レンジ600Wで1分程度温める

(温めが足りない時は10秒ずつ時間を追加)。

④タオルを広げて、手で触っていて気持ちいいと思う温度まで冷ます。

※電子レンジから取り出してすぐに顔にあててしまうとヤケドしてしまうので注意!!

⑤清潔な肌に、気になる部分中心に2~3分蒸しタオルをあてる。

⑥蒸しタオル後は毛穴が開いているので、しっかりスキンケアを行う。

 


【乳液・クリームを手のひらで温めて使う】


コットンを使用しない乳液やクリームをお使いの方は、

是非乳液やクリームを手のひらに乗せ、もう片方の手を重ね温めてから塗布してみてください。

乳液やクリームは油分が多いので、温めて使うことで肌なじみがよく浸透しやすくなります。



【ハンドプレス】


スキンケアアイテムを塗布した後に、手のひらで顔を覆って

優しく押し込むようになじませることをハンドプレスと言います。

スキンケアアイテムの浸透を高めるだけでなく、

温かい手のひらで顔を覆うことにより、

血行が促進され肌がイキイキとした状態になることも。


ハンドプレスというと手のひら全体で顔を一気に覆って行うイメージが

ある方もいらっしゃるかもしれませんが、

額・まぶた・頬・鼻・フェイスライン と部位ごとにプレスすることをおすすめします。


1つのスキンケアアイテムを使用→ハンドプレスを行う ことが理想ですが、

「平日はクリームだけハンドプレス、休日は全アイテムでハンドプレス」など

ご自身のスキンケアに使える時間に合わせても問題ありません。



寒い季節、肌は元気をなくしがち。

ちょっとしたスペシャルケアで元気な肌に導けると嬉しいですね。

 

この記事に関連したアイテムはこちら!  ※画像クリック(タップ)でアイテム詳細へ

  • LINEで送る

↑ページトップ