Keep A Distance サンドラッググループ

ソーシャルディスタンス
「今、私たちにできること ⇒ 距離を保ちましょう」

サンドラッグからのおすすめ情報

美容情報日焼け後のスキンケア

梅雨もあけて太陽の日差しがまぶしすぎるくらいになりましたね。
紫外線が最も強くなる時季、日焼けすることがあると思います。
日焼けをし皮膚が赤くなった、ヒリヒリして痛い、シミになったらどうしよう!?
今回は日焼け後のスキンケアについてお伝えします。

 

日焼けの種類


紫外線を浴びて直後に肌が赤くなることがあります。

これを「サンバーン」と言います。

このサンバーンは肌が炎症を起こしている状態で、主にUV-Bが原因となって起こり、2~3日続きます。

簡単な表現をすると、肌が軽くやけどをしてしまっている状態です。


サンバーンが落ち着いた頃から、肌が黒っぽくなることを「サンタン」と言います。

サンタンはUV-A、UV-Bが原因です。

紫外線から肌を守ろうとし、メラニンが多く作られるために肌が黒くなるのです。

サンバーンとは異なり、数週間~数ヶ月続きます。

肌が黒くなっても、通常は肌の新陳代謝であるターンオーバーにより肌の色は元に戻ります。

しかしこのターンオーバーが上手くいかなかったり、過剰にメラニンが作られたりすることにより

シミ・そばかすになります。




シミ・そばかすにならないように早く美白ケアしなくちゃ!!実はそれNGです。

日焼け後のスキンケア方法


サンバーンは「肌がやけどしている状態」と前述しましたが、

皆さんがやけどしたときに最初にすることは何ですか?

そう冷やしますよね?それと同様に日焼け後に最初に行うことは「冷やすこと」です。



①汚れなどを水で流し、流水で冷やす


日焼け部位が顔の場合、流水をずっと当て続けることは難しいので、

濡らしたタオルなどで冷やすといいですよ。

炎症している肌状態を沈静化させることは、メラニン生成の予防にも繋がるので重要です。



②冷やして肌がクールダウンしたら、徹底的に保湿をする


日焼け後の肌は熱を持ち炎症しているだけでなく、非常に乾燥しています。

徹底的に保湿をしましょう。

カーマインローションやアロエが配合されたジェルは肌の炎症を抑えながら、保湿することができます。

いつもお使いの化粧水でも問題はないですが、しみる場合は「敏感肌用化粧水」がおすすめです。


化粧水などでたっぶりと水分を補給したら、その水分を蒸発させないように油分で蓋をしましょう。


日焼け後3日間ほどは洗顔→化粧水→乳液(クリーム)というシンプルな

スキンケアを心がけてください。





 

美白ケアしたい!日焼け後の美白ケアはいつから?


炎症が落ち着いてくる4日目くらいから美白ケアを始めることをおすすめします。

肌ダメージが強い3日目くらいまでの肌には、美白有効成分の刺激は強すぎるのです。

またメラニンを大量に作ろうとする肌内部の働きは、約72時間後から始まるといわれています。


美白化粧水、美白乳液と様々な美白ケアアイテムがありますが、

美白有効成分の濃度が高いアイテムは美白美容液です。

基礎化粧品と共に朝晩取り入れてケアをすることをおすすめします。





日焼けする前に…


日焼けしてしまうと、どうしても肌はダメージを受けます。

UV-Aは炎症・シミ・そばかすを引き起こすだけでなく、たるみの原因にもなる紫外線です。

だからこそ、極力日焼けしないように心がけることも大切です。


そこで日焼けをする前に「日焼け止め」の出番です。

塗布する手間はありますが、このひと手間で紫外線から肌を守ることができます。

今は夏ですが、夏だけでなく通年使用し習慣化するといいアイテムの1つです。

 

この記事に関連したアイテムはこちら!  ※画像クリック(タップ)でアイテム詳細へ

  • LINEで送る

↑ページトップ