Keep A Distance サンドラッググループ

ソーシャルディスタンス
「今、私たちにできること ⇒ 距離を保ちましょう」

サンドラッグからのおすすめ情報

健康情報【自分に合ったダイエットサプリを味方につけよう!】 2022.1更新

ダイエットサプリを試してみたいけど、どれがいいかわからない。試してみたけど、痩せられない・・・。そんな方へ自分に合ったサプリを選ぶポイントをご紹介します!

  そもそも肥満??

肥満とは・・・BMI25以上をいいます。

BMIをチェックしてみましょう!




例えば、身長160cm、体重65㎏の場合

BMI=65(㎏)/(1.6(m)×1.6(m))=25.39・・・


しかし、体重だけでは判断できないこともあります。

筋肉は脂肪よりも重いため、筋肉質の人は体脂肪が少ないのにも関わらず「肥満」よりの結果が出る場合もあります。

逆に全く筋肉がなく脂肪がある人でも、BMIが低い“隠れ肥満”の場合もあります。

筋肉量が減少している可能性もあるので、筋肉量がどのくらいあるのか知っておくことも大切です。

体重だけではなく体脂肪率や筋肉量なども計測できる家庭用体組成計は数多く販売されており、自宅でも計測が可能です。




美容と健康カウンセリングの専門店 サンドラッグCARER(ケアラ)で無料で測定できますよ!

お気軽にご相談ください。⇒⇒漢方・栄養相談承ります





なぜ肥満になるの??



エネルギーの摂取量が消費量よりも多いからです。

摂取量のほうが多いと、余分なエネルギーが脂肪として蓄積され、肥満になりやすくなります。


エネルギーの摂取量が消費量よりも多くなる主な原因は

①食べ過ぎによるもの

②代謝の低下によるもの(摂取エネルギーが少ない、もしくは普通でも、消費エネルギーが少ない)



①               ②



  肥満の原因に合わせてダイエットサプリを使い分けよう!!

ダイエットサプリの選び方




【その他】


腸内環境が乱れて便秘がちになると、代謝が低下したり、脂肪を燃やす働きも低下してしまいます。

腸内環境が気になる方は、整腸効果のある成分をサポートとして摂りましょう!


・難消化性デキストリン

・乳酸菌

・オリゴ糖

・酵素

・センナ

・オオバコ   など




  ダイエットの基本ができていないと、ダイエットサプリの効果が期待できない?!

ダイエットの基本は「食事対策」と「運動」で、消費エネルギー>摂取エネルギーにすることです

せっかくのダイエットサプリも、基本ができていないと効果が期待できなくなってしまいます。

基本を押さえておきましょう!



◆ダイエットの基本【食事対策】


摂取カロリーのが多い場合は減らすことも必要ですが、ただ減らそうとすると、栄養に偏りが出たり不足が起きたりして体調を崩してしまいます。栄養バランスのとれた食事を心がけることが大切です。


栄養バランスのとれた食事のコツ


◎たんぱく質は必要量摂る


1日に最低限必要なたんぱく質は、体重1kg当たり約1g

筋肉、内臓、血管、肌など体の大部分はタンパク質でできていて毎日代謝されるので、必要な量を摂りましょう。


肉、魚、卵、豆、豆製品、乳、乳製品




◎ビタミン・ミネラル・食物繊維は積極的に摂る


栄養素の代謝をサポートする役割があるので、不足しないようにたっぷり摂ることを心がけましょう。


野菜、海藻




◎糖質が多い食べ物は控える


糖質が多く含まれる炭水化物、お菓子、ジューズ類、アルコールの摂り過ぎに気をつけましょう。



時には、1日の摂取エネルギーが過剰になってしまったり、栄養バランスが偏ったりすることもあるかもしれません。

そのようなときには、次の日に摂取エネルギーを控えめにするなど、数日かけて調整していきましょう。



*話題の地中海式食事法はコチラ⇒⇒地中海式食事法(地中海式ダイエット)




食べ方にも気をつけよう!


◎「早食い」や「ながら食べ」をしない


「早食い」の人は満腹感を得る前に大量に食べてしまいがちです。

噛む回数を増やしてゆっくり食べることで、少ない量でも満腹感を得られるようになります。


テレビやスマホを見ながら食事をする「ながら食べ」も避けましょう。

なぜなら、満腹感をすでに感じているのに、テレビやスマホに気を取られて食事を続けてしまうことがあるためです。


「1口30噛み」を目安に、できるだけよく噛んで食べるようにしましょう⇒⇒早食いで肥満のリスクが4倍以上!?




◎間食は控える


なるべく控えましょう。しかし、我慢してストレスが溜まってしまうのもよくありません。

不足しがちな食物繊維やミネラルが摂れるもの、低カロリー・低糖質のお菓子などで調整しましょう。


例えば、こんぶ・ナッツ類・こんにゃく・ヨーグルトなど




◆ダイエットの基本【運動】


運動は、有酸素運動と無酸素運動(筋トレ)を併せて行っていくことが理想的です。



有酸素運動の目的:消費エネルギーを増やすこと。痩せやすい状況を作り出すことができる。

無酸素運動の目的:筋肉をつけて基礎代謝量を高める。



◎有酸素運動


有酸素運動によって脂肪が燃焼し始めるのは、運動を開始してから約20分後。

酸素を取り込みつつ、息切れしない程度で続けられるウォーキングなどの軽い運動がおすすめです。

目安は1日20分以上、週3回以上行いましょう。


屋外なら、ウォーキング、ジョギング、水泳

おうちの中なら、踏み台昇降、ラジオ体操などがおすすめです!



◎無酸素運動(筋トレ)


脂肪を効率的に燃焼するために、有酸素運動の前に10分くらい筋トレを行いましょう。

体内の糖が筋トレで消費され、有酸素運動を行ったときに体脂肪がエネルギー源として消費されやすくなります。


スクワット、プランク、レッグレイズなどがおすすめです!



※無理はケガのもとです。少しでも痛みを感じたら控えてください。慣れてきたら少しずつ回数を増やして、筋肉に刺激を与えていきましょう。



楽しいと思える運動だったり、生活スタイルに合わせて取り入れられるものを見つけてくださいね。






この記事に関連する記事

「掲載商品をすぐに買いたい」「お店に行くのが面倒だな」という方には便利な

サンドラッグオンラインショップ

サンドラッグe-shop本店では、第1類医薬品・第2類医薬品・指定第2類医薬品・第3類医薬品の商品取り扱いもしております。『ロキソニンS』『リアップ』など、そのほか店頭では買いづらい商品もネットなら手軽に購入いただけます。

  • ※本サイトで紹介中の商品でもサンドラッグe-shop本店での取扱いがない場合もございます。

今すぐチェック!

ダイエットサプリは、体質に合わせて選びましょう。

-ダイエットサプリ編-

  • LINEで送る

↑ページトップ