サンドラッグからのおすすめ情報

健康情報日焼け止めの選び方| 2017.6月

 過ごしやすい季節があっという間に過ぎ去り、気温・湿度の高い季節になってきました。紫外線も急激に増え、普段の生活でも日焼け止めの使用は欠かせません。いろいろな商品が出ていますが、生活に合わせてどのような日焼け止めを選ぶのがいいのでしょうか?

  日焼け止めの「SPF」、「PA」ってどういう意味?

紫外線(UV)は、「UV-A」「UV-B」「UV-C」の3つに分かれます。このうち、「UV-C」は地球を取り巻くオゾン層によりカットされるため、通常 地上まで届くのが「UV-A」「UV-B」の二つです。

UV-A
お肌の奥まで入り込み、コラーゲンを変性させ シワやたるみなど、肌老化の原因になります。
また、UV-Aは雲や窓ガラスを通り抜けやすいという性質を持っているので、曇りの日や室内でも対策が必要になります。

UV-B
屋外で起こるいわゆる「日焼け」は主にこのUV-Bによるもので お肌の表面に作用し、赤くヒリヒリする(サンバーン)や、お肌が黒くなる(サンタン)の原因になります。海や山などの屋外レジャーでは、特にUV-B対策が重要です。




●UVケア商品についている数値は以下のような意味があります。

 PA  :UV-Aの防止効果の目安です。PAの後ろに「+」を付けて効果の違いを表します。現在では「PA++++」が最高です。

 SPF  :UV-Bのブロック効果を示す数値です。現在の最高値は「50+」と表記されています。

いわゆる「日焼け」のケアのためにはSPFの数値が大切ですが、紫外線による肌老化・肌ダメージを防ぐためにはPAの数値も重要なのです。

 

※この内容は成分の一般的な特徴について記したものです。製品の効能とは異なる場合がありますので、詳しくは製品の解説をご確認ください。







★UV商品を選ぶおおよその目安



家事やオフィス内での仕事の場合…………………SPF10/PA+

スポーツ観戦や外回りの仕事の場合………………SPF10~30/PA++~PA+++

真夏のスポーツや海水浴、スキーなどの場合……SPF30以上・PA++~PA++++

注)光線過敏症など疾病に伴う紫外線に特に敏感な方は医師の指導に従ってください。




★日焼け止めの正しい使い方

・SPFの高い化粧品を正しく基準どおりの量で塗ると、かなり厚塗りな感じになります。しかし、実際は厚塗りがいやでどうしても薄くのばしがちだそうです。そうなると、本来のSPFやPAの数値よりも効果が減少してしまい、その値は表示の値よりも1/3とも、1/4とも言われます。


・きちんと塗ったから安心ではありません。汗でおちたり、タオルで拭ってしまう場合が多いので、2~3時間おきに塗り直す事も大切なポイントです。


・首からあごにかけてのライン、耳の後ろ、生え際、襟足、腕・太ももの裏側、足の甲などが塗り忘れしがちな部位です。また、鼻の頭 、 肩 、 背中の上部は太陽光が当たりやすい部位なのでよりしっかりと塗りましょう。

  日焼け止めの種類、ノンケミカルって何?

紫外線吸収剤を含まない日焼け止めを「ノンケミカルの日焼け止め」と呼びます。
紫外線を防ぐ成分には大きくわけて「紫外線散乱剤」「紫外線吸収剤」との二つがあります。

■紫外線散乱剤
配合されている散乱剤(パウダー)が紫外線を肌の表面で反射・散乱させることで、紫外線の影響を防ぎます。パウダーのため比較的白浮きしやすいというデメリットもありますが、肌に対する刺激が比較的少なく、持続力が優れています。


■紫外線吸収剤
肌の表面で、吸収した紫外線を熱などのエネルギーに変換して放出することで、紫外線が肌の細胞に届くのを防ぎます。紫外線に対する防御力にすぐれ、白浮きが少ないなど使用感が良いのが特徴です。
ただし、お肌の炎症の原因になる可能性がある成分もあり、肌の弱い方、アレルギーを起こしやすいかたは紫外線吸収剤を含まないタイプの日焼け止めを使うとよいといわれています。




●ノンケミカルの日焼け止めとは
紫外線吸収剤を使用していない日焼け止めには、「紫外線吸収剤不使用」もしくは「ノンケミカル」と表示がされています。お肌の弱い方、刺激の少ない日焼け止めを選びたい方はこのような表記がされた日焼け止めを選ぶとよいでしょう。

一般的に しっかりと日焼けを防ぎたい場合は紫外線吸収剤配合の日焼け止めがおすすめです。
紫外線吸収剤は人によってはお肌に刺激を感じることがありますが、紫外線防御力が高く 紫外線の強い場所でもお肌を紫外線から
しっかりと守ってくれます。さらに伸びがよいので足や背中などにも塗りやすいという特長があります。

最近では紫外線吸収剤をマイクロカプセルなどでコーティングし、肌に直接触れないようにすることで肌に対する負担を軽減しているタイプの日焼け止めもあります。

普段は刺激の少ない日焼け止めを使い、海や山など紫外線の強い場所に行くときには紫外線防御力に優れた日焼け止めを使うなど、使う場所やお肌のコンディションに合わせて日焼け止めを選ぶとよいでしょう。




  知っておきたい紫外線のコト

Q1 紫外線量の多い季節は?  

1日の紫外線量が最も多くなるのは6~7月 年間で最も強い紫外線が観測されるのは7~8月
ただし、4~5月や9月の紫外線量も多めなので要注意



Q2 紫外線量の多い時間帯は?

1日の中で紫外線量が多い時間帯は、10時~14時。最も多くなるのは正午頃です。
 


Q3 くもりの日は日焼け止めを使わなくても大丈夫?

快晴の紫外線量を100%とした場合
 
快晴…………100%   紫外線量がかなり強い状態。直射日光と地面からの照り返しにも注意。
くもり…………50~80%   紫外線量が強い状態。くもりでも日にやけてしまいます。
雨……………30%   紫外線量は弱い状態ですが、油断しないようにしましょう。

太陽が出ていなくても、紫外線は降り注いでいます。特にくもりの日は油断しがちなので要注意!



Q4 海や山ってどれくらい紫外線が強くなるの?

海では砂浜や海からの反射による紫外線により、20~25%紫外線が増加するといわれています。
また、水深50cmの海中でも地表面の40%程度の紫外線が到達します。

山では標高が1000m高くなるごとに、紫外線量は平地に比べ10~12%くらい多くなるといわれています。

海や山に出かけるときには日焼け止めだけでなく帽子や衣類で紫外線を防ぎましょう。また、サングラスの使用は目に対する紫外線の影響を防ぐために有効です。


この記事に関連する記事

「掲載商品をすぐに買いたい」「お店に行くのが面倒だな」という方には便利な

サンドラッグオンラインショップ

サンドラッグe-shop本店では、第1類医薬品・第2類医薬品・指定第2類医薬品・第3類医薬品の商品取り扱いもしております。『ロキソニンS』『リアップ』など、そのほか店頭では買いづらい商品もネットなら手軽に購入いただけます。

  • ※本サイトで紹介中の商品でもサンドラッグe-shop本店での取扱いがない場合もございます。

今すぐチェック!

この記事に関連した、おすすめ商品はコレ!

肌を美しく保ちながら 強力な紫外線をブロック!資生堂サンメディックシリーズ

  • ※取り扱いのない店舗もございます。詳しくは店頭スタッフにお問い合わせください。
  • LINEで送る

↑ページトップ