サンドラッグからのおすすめ情報

健康情報【健康レシピ】~リウマチ対策編~|2020.3月

リウマチとは、免疫の異常によって関節に炎症が起こる病気です。
リウマチの発症は特に30~50代に多く、
男性よりも女性の方が多く発症します。(男女比1:4)
発症のきっかけは様々で、原因は解明されていません。

リウマチに悩む方も、もしかしたらと不安な方にも、
お役立ちの情報をお届けします!

【(株)おいしい健康】とコラボしたおすすめレシピ

◆さば缶とキャベツのマスタードマリネ
◆切り干し大根で 簡単はりはり漬け

~リウマチ~
◆関節リウマチとは??
◆取り入れやすいおすすめ食材!!

 

【(株)おいしい健康】とコラボしたおすすめレシピ


◆さば缶とキャベツのマスタードマリネ



◆切り干し大根で簡単はりはり漬け



もっと他のレシピが知りたい方はこちら↓(株)おいしい健康HP





こんなレシピも!クリックしてチェックしよう↓↓


サンドラッグ×ライオンコラボレシピ☆リードクッキングペーパーで簡単に作れる!

◆鶏むね肉のやわらかチャーシュー



こちらもおすすめ!!圧力調理バックで作る!

◆ぶりの生姜煮





  関節リウマチとは??

「朝、手がこわばって動かない」「関節が腫れて痛い」「物を持ちづらい」         

そのつらさを他人にはなかなかわかってもらえない関節リウマチ・・・


関節リウマチとは、関節が炎症を起こし、軟骨や骨が破壊されて放っておくと関節が変形してしまう病気です.

一般的にリウマチというのはこの関節リウマチを指します。


腫れや激しい痛みを伴い、関節を動かさなくても痛のが他の関節の病気と異なります。

手足の関節で起こりやすく、左右の関節で同時に症状が起きやすいことも特徴です。

その他にも発熱や疲れやすい、食欲がないなどの全身症状が現れます。


関節リウマチは免疫の働きに異常が起きたために起こると考えられています

免疫は外部から体内に入ってきた細菌やウイルスなどを攻撃して、それらやっつける働きをしています。
しかし、免疫に異常が起きると、誤って自分自身の細胞や組織を攻撃してしまいます。

それにより炎症が起こり、関節の腫れや痛みとなって現れます。

免疫に異常を起こす原因は

食事、運動不足、睡眠不足、ストレス、過労、感染症、喫煙、妊娠など様々で解明されていません。


今は発症していない方でも、将来関節リウマチにかかる可能性はゼロではありません。

早期発見、早期治療が肝心!!


治療法の進歩により、寛解(症状・兆候が消失した状態)になる患者さんが増えています!


症状は朝起きてから30分以内くらいに最も出やすく、日中は落ち着くことが多いのが特徴

朝の身支度や朝食の準備などで初期症状に気づくことができるかもしれません。


↓関節リウマチの小さなサイン。当てはまるものがないかチェックしてみましょう!



当てはまる、症状が気になる場合は、リウマチ専門科の受診をおすすめします。


お住まいの地域で関節リウマチに関わっている医師を検索することができます!


⇒⇒日本リウマチ学会


⇒⇒日本リウマチ財団




~リウマチと診断されたら~ 


関節に負担をかけない動作を身につけたり、生活習慣でのケアを行うことによって症状の緩和につながります。

生活習慣の基本は、十分な睡眠と安静で疲れをためない・関節を冷やさない・バランスのよい食事をとることです。


◎関節に負担をかけすぎない生活


変形を進行させないよう、関節に負担をかけすぎない生活をしましょう。

少しの意識で関節への負担も軽くできます!例えば・・・


 ◆スマートフォンや携帯電話の操作は両手で持って操作。両腕を机で支えるようにするのもポイント!


 ◆椅子から立ち上がる時は、手のひらから前腕全体を使って、体重を支えるように立ち上がる


 ◆連続して動かさない、疲れたら中断する


 ◆小さな関節(指、手首など)よりも大きな関節を使う荷物は肘や肩にかける、カートを利用する等


 ◆布団や座布団から、ベッドや椅子を使う生活に変更する  など




 

 ☆体を動かすことは大切


  筋肉がつくことで関節にかかる負担が軽くなります。



  中でも、水中ウォーキングは浮力が働くため、関節にかかる負担が小さくなりおすすめです。

  関節は使わないと固まって動かしにくくなってしまうので、

  1日1回はできる範囲ですべての関節を曲げる・伸ばす習慣も取り入れましょう


  

  ※ただし、関節が腫れて痛む場合や、体調が悪い場合は無理をしないでください。




 ☆便利グッズを活用する



    ・太いグリップのスプーンやフォーク

    ・いろいろなものに巻いて握りやすくするグリップ(ナイフやフォーク、歯ブラシ、ペンなどに)

    ・ペットボトルのふたなどを開けやすくするオープナー

    ・負担を減らして両手で持てる鍋や包丁

    ・ボタンをかける補助具、靴下やストッキングをはくための道具

    ・スマートフォンやタブレットを簡単に操作できる道具                  など

 

   


  こちらで紹介されています
    ⇒⇒公益社団法人リウマチ友の会

    ⇒⇒あゆみ製薬(株)リウマチの情報ポータル



◎疲れをためない工夫

睡眠不足は症状を悪化させる要因です。十分な睡眠をとりましょう。

また、こまめに休息を取ることも必要。横になる時間をつくって安静を心がけましょう。

働いている方は、可能であればお昼休憩時に15分程度の昼寝や、帰宅後に少し横になるなど

生活スタイルに合わせて休息をとりましょう。



◎体を保温し冷やさない


サポーター等を処方されていたら必ず装着してから動かします。

冷えは関節の痛みを増強させることがあります

服や持ち物で冷やさないように工夫しましょう。

冬は保温のためとはいえ、ずっしり重い服では関節に負担がかかります。

フリースや機能性インナーなど保温性が高く軽い素材を選びましょう


冷えてしまったら、カイロで関節を温めたり入浴や部分浴をしましょう。
 40~42℃(湯気が出る程度の温度)のお湯をボウルや洗面器にいれて

こわばりや痛みのある手足を浸けながらゆっくりと動かしましょう。



  取り入れやすいおすすめ食材!!


◎バランスのよい食事で必要な栄養素をとりましょう



リウマチは特に食事の制限はありませんので、大切なのはバランスのよい食事。

ただ、毎日の献立作りは大変なことですよね。

「リウマチに良い」などと言われている食品があっても、そればかりを食べるわけにもいきませんよね。


なので、毎日いろいろな食品をとることを心がけてください。バランスのよい食事につながります。中でも

たんぱく質・魚の脂・カルシウムやビタミンD・鉄やビタミンCの多い食材は意識して取り入れることをおすすめします。




良質なたんぱく質を摂りましょう!


関節の炎症や発熱によってたんぱく質の分解が活発になったり

運動量が減ることで筋肉が減少しやすいと言われています。

健康な筋肉を保つために、筋肉をつくるのに必要なたんぱく質を毎日様々な食材から摂りましょう




◆関節の炎症を抑える効果が期待されている魚の脂を摂りましょう!


魚の脂に含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)には、関節の炎症を抑えてくれる働きがあると言われています。

さらに魚には良質なたんぱく質も豊富に含まれているので特におすすめの食材です。




カルシウムを上手に摂りましょう!


運動量が減ると、骨からカルシウムが溶けだしたり、治療薬のステロイドの副作用によって

カルシウムの吸収が落ちたりするため骨が弱くなってしまいます。

健康な骨を保っていくために、まずはカルシウムの多い食材をしっかり摂ることが大切です。





  <ポイント>カルシウムの吸収を助けるビタミンD(きのこ、鮭など)

        骨の形成に重要な働きをするビタミンK(納豆、豆苗など)を一緒に摂りましょう!!


※治療薬のステロイドにはカリウムの排泄を促す作用もあるため、野菜や果物、海藻等からカリウムを摂ることもおすすめします

    

  骨粗鬆症についてもう少し知りたい方は⇒⇒⇒骨の健康 


◆しっかりと鉄分を摂りましょう!


治療中に起こりやすいのが貧血 貧血を予防するために鉄分を積極的に摂ることが大切です。




  <ポイント>  吸収を助けるビタミンC(ブロッコリー、キャベツ、いちご、キウイフルーツなど) を一緒に摂りましょう!!



  貧血についてもう少し知りたい方は⇒⇒⇒貧血


~負担を減らす工夫も大切~

毎日の食事、痛む時や身体がだるい時は調理することも大変です。

できるだけ関節に負担をかけないように手間を省く工夫も大切です!


例えば・・・


 ●調理器具は柄の太いものを使用する

   薄いお肉などをはがしたり、裏返すときなどは菜箸よりもトングの方が負担が少ないです!

 

 ●鍋やフライパンは、軽くて両手で持てるものを使用する

   調理器具や食器、カトラリーは使いやすく工夫されたものが販売されています!

    

   こちらで紹介されています

      ⇒⇒公益社団法人リウマチ友の会 

      ⇒⇒あゆみ製薬(株)リウマチの情報ポータル


 ●調理中は腰掛を利用したり、できあがったごはんはワゴンに乗せて運ぶ



 ●缶詰をストック しておく

   

魚や、トマト、大豆などの缶詰は調理に便利です!

      

     ⇒おすすめレシピ

       *さんま蒲焼き缶とまいたけのトマト煮

       *さば缶の卵とじ  

 

 ●乾物を使用する

   切干し大根やひじき、干しえびなどの乾物は、栄養素もたっぷりとれて保存も利く優れものです!

   他にも、フリーズドライされた味噌汁の具などもたくさん販売されています

      

     ⇒おすすめレシピ

       *切り干し大根とツナのカレー炒め


 ●固い野菜は電子レンジでやわらかくしてから

   にんじんやかぼちゃなど固い野菜は電子レンジで少し柔らかくすると 扱いやすい!

   他にも、カット野菜や冷凍野菜も活用する





~状況に合わせた食事を~


関節リウマチの症状が進行して活動量が減ると、肥満につながることがあります

その場合は、カロリーの摂り過ぎに気をつけてください。

炎症が強い時期はその分エネルギーを使うので、多めにカロリーを摂 ようにします。

主治医と相談し、体の変化に気をつけながら食生活を送るようにしてください。



<参考>

東京女子医大, 中外製薬, あゆみ製薬. アステラス製薬, 介護の知恵袋,オアシスナビ

この記事に関連する記事

「掲載商品をすぐに買いたい」「お店に行くのが面倒だな」という方には便利な

サンドラッグオンラインショップ

サンドラッグe-shop本店では、第1類医薬品・第2類医薬品・指定第2類医薬品・第3類医薬品の商品取り扱いもしております。『ロキソニンS』『リアップ』など、そのほか店頭では買いづらい商品もネットなら手軽に購入いただけます。

  • ※本サイトで紹介中の商品でもサンドラッグe-shop本店での取扱いがない場合もございます。

今すぐチェック!

この記事に関連した、売れ筋商品はコレ!

  • LINEで送る

↑ページトップ