サンドラッグからのおすすめ情報

健康情報【健康レシピ】~にきび~ l2022.05 更新

新しい生活様式により、マスクを着ける時間が長くなり肌荒れで悩む方が増えています。
肌のターンオーバーを助ける栄養素を含む食材を使ったレシピをご紹介します。

【サンドラッグ栄養士・管理栄養士考案おすすめレシピ】
◆えごまドレッシングで旬の野菜サラダ
◆いかとアスパラのペペロンチーノ風

~にきび~
◆“マスクネ”増加中!?
◆ニキビの対策!「ニキビ跡残したくない!」

 

★サンドラッグおすすめレシピ★


えごまにはオメガ3脂肪酸が含まれており、毎日少量ずつ摂るのが理想です!

ドレッシングなら無理なく続けられますよ。お好みの野菜にかけてお試し下さい。

今回は、ニキビケアに良い栄養素を含む食材を使用しました!

◆えごまドレッシングで旬の野菜サラダ





ビタミンB6とCをたっぷり摂れるレシピです。

◆いかとアスパラのペペロンチーノ風



  “マスクネ”増加中!?

コロナ禍でマスクをつける習慣が浸透しています。常にマスクを着けていることにより、蒸れや乾燥、摩擦が原因で出来るにきびを「マスク」+「アクネ菌」=「マスクネ」という言葉で表現されるようになっています。



毛穴に皮脂が詰まり細菌が増殖し、炎症が起こることで発生します。


<通常のニキビができるメカニズム>


通常、季節により肌の状態は左右していますが「マスクネ」は、マスクをしていることにより、蒸れや乾燥、摩擦が増え角質が厚くなり毛穴を塞ぐことでニキビが出来やすくなります。


初期段階では皮膚がザラザラする感じがあり、「マスクネ」が進行すると小さなニキビが炎症を起こしてしまいます。


マスクをすると、短時間で皮膚温は32℃⇒37℃に急激に上昇します。皮膚温が4℃上昇すると皮脂量は2倍にもなることがわかっています。



熱や湿気がこもったマスクの中は皮膚のバリア機能が低下しているうえ、アクネ菌が増える環境といえます。

このことから、ニキビや肌荒れで悩んでいる人が増えているんですね。




マスクによりニキビを悪化させてしまう原因



1.「マスクネ」はマスクにより、皮脂が増え、バリア機能が低下してしまうため起こりやすい。


通常は季節によって変化している温度や湿度ですが、着脱によりマスクの中は四季の変化が急速に起こっている状態です。

皮膚のバリア機能が低下し、刺激に弱くなっている状態でマスクの刺激があるので、繰り返しニキビが出来やすくなります。



2.繰り返し使えるマスク

肌に刺激が少ない布やウレタン素材のマスク。繰り返し使用でき、清潔に保てます。ですが、正しい洗い方をしていないと石鹸カスが残って逆効果に・・・


正しく洗う⇒布製マスクの洗い方動画 ※経済産業省



3.マスクに付いたもの(皮脂、化粧品、食べ物や唾液)が刺激となる

長時間つけているので、マスクには皮脂や唾液が・・・それが刺激となり炎症の原因になることもあります。


こまめに皮脂や汗を拭いたり、食事をした後は口元をしっかり拭きましょう。



4.サイズが合わないマスク

小さすぎるマスクは、肌を圧迫して摩擦の原因になります。

肌への刺激はバリア機能を低下させ、ニキビや肌荒れの原因に。


自分の顔に合うサイズのマスクを使用することが大切です。


<<自分に合ったマスクの選び方>> 参考:一般社団法人 日本衛生材料工業連合会HP

①親指と人差し指でL字型を作ります。

②L字型にした状態で耳の付け根の一番高いところに親指の先端を当てて、鼻の付け根から1cm下のところに人差し指の先端を当てます。

③親指から人差し指までの長さを測れば、それがサイズの目安になります。


●図った長さによって以下がおすすめ! ※商品により大きさが異なる場合があります

 9~11cm:子供用サイズ

 10.5~12.5cm:小さめサイズ

 12~14.5cm:ふつうサイズ

 14cm以上:大きめサイズ





ニキビを悪化させてしまう原因


1.皮脂分泌量の増加 


①性ホルモンのアンバランス

思春期は男性ホルモンの分泌が活発になり、皮脂が過剰に分泌されます。

女性は、生理2週間前から直前までは黄体ホルモンが増える為、皮脂分泌が促進されます。


②ストレス

ニキビを気にすることでストレスが溜まり①を増やす原因になってしまいます。


③食事

脂っぽいものや甘い物の摂り過ぎ、食物繊維が少ない食事など。

すでにニキビができている場合、アルコールや過度の香辛料は炎症をさらに悪化させます。




2.皮脂が排泄されない


①寝不足

新陳代謝が低下し、肌のターンオーバーが低下することで古い角質が溜まることで皮脂が排泄されなくなってしまいます。


②アクネ菌

元々肌にいる常在菌ですが、遊離脂肪酸を作ることで古い角質が溜まり、皮脂が排泄されなくなります。また、溜まった角質で塞がれた毛穴の中でアクネ菌が増殖し炎症が起こる原因ともなります。



③化粧品

毛穴や汗腺をふさぐことにより、皮脂が排泄出来なくなってしまいます。




生活習慣やホルモンバランス、ストレスなど、様々な原因が絡み合ってニキビが出来てしまうんですね。



  ニキビの対策!「ニキビ跡、残したくない!」

ニキビが出来てしまったら、跡を残さないよう早目の対処が重要です!

対処法はこちらをご覧下さい⇒ニキビ肌のケア



☆おすすめの栄養素☆


・ビタミンB2・・・脂質の代謝に必要なビタミンです。余分な皮脂を抑え、酸化を防ぐことでニキビが出来にくい肌を作ります。


・ビタミンB6・・・脂質やたんぱく質の代謝に必要なビタミンです。皮脂のコントロールをし、肌のターンオーバーの乱れの改善に働きます。


・ビタミンC・・・紫外線などの酸化ストレスから肌を守ります。コラーゲンの生成にも必要なビタミンなので、たんぱく質と一緒に摂るように意識しましょう。抗酸化作用があるのでニキビ跡の色素沈着のケアにもおすすめです。


・乳酸菌・・・腸の状態が悪いと腐敗物質が増え、血流に乗って肌へ届きニキビなどの肌荒れの原因となります。

乳酸菌以外にもオリゴ糖や食物繊維を摂り腸のケアをしておくことも大切です。


・えごま油・・・オメガ3脂肪酸を豊富に含み、肌の炎症を抑える効果が期待されています。




ニキビケアには、これだけ摂れば良いというわけではありません!!欠食なくバランスの良い食事を目指しましょう。

ニキビが出来てしまった時は、体が不調を訴えているのかも。頑張りすぎず、ゆっくり休めることも大切ですね。




☆★チョコレートを食べるとニキビが出来る?★☆

昔から都市伝説として言われていますが、自分の経験から「これを食べるとニキビが出来る」と感じている方は多くいるようです。

しかし、直接“ニキビの原因となる食べ物”という物はなくバランスの良い食事を意識することが重要です。




【さやえんどう】 


さやえんどうは料理を鮮やかに彩ってくれ、シャキシャキした食感と程よい甘みの食材です。

絹さや、スナップエンドウなど色々な種類があります。

栄養素としては、ビタミンCやビタミンB群が豊富です。


<新鮮なさやえんどうの見分け方>



<保存方法>

◎冷蔵

さやえんどうの表面の汚れをふき取り、湿らせたキッチンペーパーで包みます。さらにその上からラップで包み、野菜室で保存します。


◎冷凍

生のまま保存する場合は、表面の汚れをふき取り保存袋に入れ冷凍庫で保存します。

下茹でする場合は、かたゆでし粗熱をとったあと水気をふき取り、重ならないように保存袋にいれ冷凍庫で保存します。



●使うとき

凍ったまま調理可能です。食感が変わるのがいやな方は細かく刻んで使ったりポタージュで使いましょう。





【アスパラガス】


アスパラガスはみずみずしく、シャキッとした歯ざわりが美味しく初夏のこの時期が一番おいしい食材です。

ビタミンA、Cが豊富です。アスパラギン酸が疲労回復にも効果的です。


<新鮮なアスパラガスの選び方>



<保存方法>

◎冷蔵

端を少し切り落とし、塗れたペーパータオルで包みビニール袋をかぶせて立てて野菜室で保存します。


◎冷凍

硬めに下茹でをし、使いやすい大きさにカットして水気をふき取り保存袋に入れ冷凍庫で保存します。



参考:資生堂


「掲載商品をすぐに買いたい」「お店に行くのが面倒だな」という方には便利な

サンドラッグオンラインショップ

サンドラッグe-shop本店では、第1類医薬品・第2類医薬品・指定第2類医薬品・第3類医薬品の商品取り扱いもしております。『ロキソニンS』『リアップ』など、そのほか店頭では買いづらい商品もネットなら手軽に購入いただけます。

  • ※本サイトで紹介中の商品でもサンドラッグe-shop本店での取扱いがない場合もございます。

今すぐチェック!

この記事に関連した、売れ筋商品はコレ!

  • LINEで送る

↑ページトップ